ビタミンB不足がもたらす肌への影響

herusiyasai

口内炎や口角炎がよくできる、肌がべたつきがちでニキビができる、このような状態が頻繁にみられる時は、ビタミンB群が不足していることが考えられます。ビタミンB群は皮膚や粘膜を健康な状態に保って代謝を活性化させる働きがあり、肌以外に現れる症状には疲れやすくなる、気力が低下する、胃腸の働きが弱くなって食欲不振になるといった状態がみられます。

ビタミンB群にはたくさんの種類がありますが、特に肌状態と関連が深いのは、B2とB6です。ビタミンB2は細胞を生成して免疫力を高める働きがあり、水溶性のビタミンなので取り過ぎても体内に蓄積しません。ビタミンB2が不足すると皮脂分泌が盛んになってニキビできやすくなり、粘膜の炎症、目の充血や疲労などの症状が起こります。

B2は酵素としての働きもあり栄養素を分解してエネルギーに変換する性質もあるため、活動的でエネルギー消費が激しい生活をしていたり、大量の飲酒やストレスの多い環境にいたりすると不足しがちになります。B2には他のビタミンの働きをサポートする役割もあるので、肌状態を整えるにはどの種類もまんべんなく摂取することがおすすめです。ビタミンB6が不足すると、湿疹ができやすくなりアレルギー症状が出やすくなる事があり、炎症や吹き出物も多くなります。赤血球の生成や神経組織にも関わっているので、貧血や不安感が大きくなるといった症状も出てきます。

肌への影響を与える代表的なB2とB2の他にも、美肌を保つのに大切な6つのビタミンB群があり、葉酸やビオチン、ナイアシンなどもこの仲間になります。ビオチンは美肌のためのビタミンとも呼ばれ、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎に対して効果をもたらすとされています。脱毛や白髪などにも有効とされていて、肌と髪を美しく保つのに不可欠なビタミンといわれています。ニキビや肌荒れが気になった時には、ビタミンB群を積極的に取るようにすると肌状態の改善に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>