水道水が含むトリハロメタンには発がん性があるの?

トリハロメタンは水道水にも含まれている物質で、これが登場したのは1972年です。オランダでライン河からトリハロメタンの一種のクロロホルムを見つけました。これは減衰に含まれてはおらず、河川水を塩素で処理する過程で生成されたと報告されました。1974年にはアメリカのミシシッピ州ルイジアナの住民がガンになる確率が高いことを受けて、水道水に入っている有機物が原因と主張する人物が現れました。

これを受けて世界各地で水道水の安全性を確認するための調査が行われ、翌年に雨以下の環境保護庁が113都市の水道水に含まれる有機物からたくさんのトリハロメタンが検出されたと発表しました。これによって水道水に含まれるトリハロメタンは危険な物質だと認識されるようになりました。水道中のトリハロメタンの60%~70%はクロロホルムです。日本では毒物及び劇物取締法の医薬用外劇物に指定しており、労働安全衛生法でも第一種有機溶剤となっています。しかしガンに関して研究しているIRACは現状の水道水は人体には発がん性はないと考えています。世界各国は水質を向上させており、一生水道水を飲んでも発がん率は10万分の1とされます。

WHOは水道水1L中に0.2mg以下を目安としていますが、日本では0.06mgと基準を大きく下回っています。日本は汚染されていない上流の水を水道水に使い、下水を海に流すので安定した水質を誇っています。一方、欧米の水源となる川は幅が広いので日本のように水源確保ができません。トリハロメタンを発見したオランダはライン河の河口に位置するので、ヨーロッパ各国が流した下水を多く含んでいるので、日本人が考える水道水とは透明感が違います。トリハロメタンは腸管から吸収されると血液中に入って、最終的には70%~80%が二酸化炭素として外へ出ます。よって体内に蓄積することもなく、タバコなどからクロロホルムを摂取する方が危険です。

水素水は健康維持に効果あり?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>